本日、新刊本『県立!再チャレンジ高校』出版です!

投稿日:

ずいぶん長い間、ブログから遠ざかっていました。

いろいろ精神的にきつかったこともあり、

自分から仕事以外に何か、発信する気力が無く・・・・・・。

 

それでも今、何か一つ、トンネルを抜けたような思いです。

4年越しの取材がついに1冊に結実、本日、店頭に並ぶことになりました。

この高校の取材を開始したきっかけは2012年に、

生活保護の世代間連鎖をテーマにした取材で、

18歳の未婚の母と出会ったことでした。

彼女は母子家庭で、母は生活保護を受けていました。

自分は母のようにならないと中堅高に進学、がんばっていたのですが、

高2の終わりに同級生の子を妊娠、高校を中退し、

生活保護を受けながら、頼りにならない母と子育てをしていました。

彼女の物語をあるメディアに書いたのですが、

現状を伝えたに止まり、解決策は何も示すことはできませんでした。

 

知り合いの紹介でその高校の存在を知り、

校長先生の話を聞いた時、ハッと思いました、あった!

あった、ここに解決策が!と。

彼女がもしこの高校に在籍していたら、

妊娠しても退学することも無く、先生たちに支えられ、

子どもを抱えながらも自立への道を歩めたはずなのに・・・・・・と。

 

ここが取材の起点でした。

ここに「子どもの貧困」に対する有効な解決策があるという確認に導かれ、

苦しい子どもを支え、自立に向けて支援していく高校の存在を、

ぜひとも、全国の方達に伝えたいーーその一心で取材を続けてきました。

 

なぜ、そこまで感情的にのめりこんだのか、

それは私自身がシングルマザーで、フリーという非正規労働に従事する、

「苦しい母親」であり、私の2人の子どもも学費をすべて奨学金で賄い進学した、

「苦しい子ども」であるからかもしれません。

すべてが「自己責任」とされるこの社会において、

どんなに経済的に苦しくても、「助けて!」など、

周囲に言えるわけがありません。

言った途端、レッテル貼りが始まります。

 

それなのにこの高校では、

わが家の子どもよりはるかに困難な状況にある子どもたちに、

「助けて」と言っていい、言える環境を作ったのです。

そして学校総体あげて、その苦しさを何とかしようと、

手を差し伸べ、受け止めてくれるのです。

私はここに、確かな希望を見たのです。

 

本当は高校は実名で、生徒以外の大人もまた実名でと考えていたのですが、

10年前の高校生であっても特定される可能性があることから、

高校名も地名も、登場人物もすべて仮名としました。

生徒のプライバシー保護の観点から、

若干の脚色も加えてあります。

しかし、基本はすべて事実に基づく物語です。

 

高校こそ、困難な環境にある子どもたちを把握し、

支援につなげることができる、最も有効な機関なのだと考え、

生徒を支援し、社会での居場所=正規雇用へと、

卒業で終わりにしない伴走支援を行う高校が、

現に、この日本に存在するのです。

ここに全国の課題集中高が目指すべき姿があることを確信します。

 

合言葉は、すべては生徒のためにーー。

虐待、貧困、一人暮らしなど生きることもままならない子どもたちを、

教職員たちが全力で支えた、9年に及ぶ闘いの記録です。

アツい教師たちと、愛おしくてたまらない生徒たちに、

ぜひ、ページを繰って会って欲しいと思います。

 

The following two tabs change content below.
黒川祥子

黒川祥子

東京女子大学史学科卒業。弁護士秘書、業界紙記者を経てフリーに。
主に家族や子どもの問題を中心に、取 材・執筆活動を行う。
2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待~その後の子どもたち』(集英社)で、第11 回開高健ノンフィクション賞受賞。
他の著作に『子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち』(集英 社)、橘由歩の筆名で『身内の犯行』(新潮社)ほか。
息子2人をもつシングルマザー。

コメント コメントを追加

  1. 朝倉隆司 より:

    私は、東京学芸大学で養護教諭の養成を行っている教員です。
    現在進行形で県立!再チャレンジ高校を読み、様々考えさせられているところです。
    「高校の多様化と養護教諭の課題」(仮)といった感じで問題提起する論文の構想を練っています。
    また、子宮頸がんワクチンの件も、専門が医療社会学なので、とても興味を持っております。
    当講座では、養護教諭の卵たちに向けて、いのちの大切さを考える自主講座を企画してきました。
    参加者は決して多くなく薄謝ですが、大学の自主講座でお話をして頂くことはできるでしょうか。
    お返事頂けると幸いです。
    とてもお忙しいことと推察いたしており、無理であればご放念下さい。

    1. 黒川祥子 黒川祥子 より:

      ご連絡をありがとうございました。
      先ほど、メールを出させていただきましたが、
      ありがたく、お受けさせていただきます。
      よろしくお願いいたします。

      黒川祥子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)