北海道新聞に、書評を書きました。

投稿日:

一昨年からちょこちょこ、北海道新聞から書評を頼まれています。

最初に依頼があった本は、

『他人のふたご〜「輸出」ベイビーたちの奇跡の物語』。

韓国で乳児期に、アメリカとフランスへ里子に出されたふたごが、

20歳を過ぎて偶然、SNSで再会を果たすという物語。

印象的だったのはアメリカでもフランスでも、

明らかに人種が違う里子と里親一族が、

しっかりと愛情で結ばれている、あたたかな家族の姿でした。

それは「血は水よりも濃い」などど強制する日本社会の貧しさを、

簡単に吹き飛ばしてくれるものでした。

まだこれは社会的養護という、私のテーマに沿ったものかと思うのですが、

その次は、『私が虫を食べるわけ』という昆虫食の本です。

確かに昆虫食こそ、地球を救う理にかなった食材で、

ええい!と高田馬場のミャンマー料理店で、

素揚げしたコオロギとセミを食べました。

目から鱗とはこのこと! ほんと先入観はいけません。

 

そして今回が『顔ニモマケズ』。

またしても身構えました。書けるかと。

最後に載せておきましたので、読んでみてください。

終わったと思ったら、今日、また本が届きました。

今度は『一緒にいてもスマホ』、重厚な本のよう。分量もすごい。

スマホが人から何を奪ったのか、これはもう他人事ではないですね。

またしても悩みます。締め切りは3週間後、さあ、書けるでしょうか。

 

北海道新聞書評『顔ニモマケズ』

The following two tabs change content below.
黒川祥子

黒川祥子

東京女子大学史学科卒業。弁護士秘書、業界紙記者を経てフリーに。
主に家族や子どもの問題を中心に、取 材・執筆活動を行う。
2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待~その後の子どもたち』(集英社)で、第11 回開高健ノンフィクション賞受賞。
他の著作に『子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち』(集英 社)、橘由歩の筆名で『身内の犯行』(新潮社)ほか。
息子2人をもつシングルマザー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)