シングルマザーのみなさんへ

投稿日:

この国で、シングルマザーとして生きていくことは、

なぜに、こんなにも生きにくいのでしょう。

たとえばフランスなどでは、シングルマザーは「子どもをケアする存在」として、

手厚くサポートされています。

日本ではそんなことはお構いましに、「自立しろ」「働け」だけ。

 

私自身も下の子が4歳の時から今まで、18年間、

振り返れば、いつもしんどかったなーと思います。

小さい頃なら働くために、保育園以外で誰に預かってもらうか、

地方出張の時はどうするか。

保育園のママ友でシングルマザー同士、預かりっ子をしてましたが、

地方から帰ると、入院していたことも2度ありました。

思春期の問題、そして今は学費のこと等、

その時期、その時期でさまざまな困難に直面します。

 

今だって、ちっともラクではありません。

そんな思いを共有したいと思っています。

シングルマザーとしての今の思い、しんどさ、悩みなどを、

ここに寄せていただけないでしょうか。

もちろん、取材者として大事なテーマです。

と同時に、苦しいからこそ、お互い、支え合っていけないものか。

そう、強く思っています。

 

当事者の一人として、生きることのしんどさに喘ぐ者として、

シングルマザーの皆さんに、ぜひ、日々の話をお聞きしたい。

可能であるなら、それが1冊の本になればと。

この状態はおかしいということを、きちっと発信していきたいと思っています。

どうぞ、お気軽に、どんなことでも、お待ちしています。

The following two tabs change content below.
黒川祥子

黒川祥子

東京女子大学史学科卒業。弁護士秘書、業界紙記者を経てフリーに。
主に家族や子どもの問題を中心に、取 材・執筆活動を行う。
2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待~その後の子どもたち』(集英社)で、第11 回開高健ノンフィクション賞受賞。
他の著作に『子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち』(集英 社)、橘由歩の筆名で『身内の犯行』(新潮社)ほか。
息子2人をもつシングルマザー。

コメント コメントを追加

  1. Miao より:

    今さらで恐縮です、未就学児二人を育てるシングルマザーです。
    長文で申し訳ありませんが、吐き出させて下さい。
    元夫は養育費を払いたくなくて仕事を
    辞めました。二度も。
    資格を持っているので再就職はすぐに出来るようです。
    強制執行しようにも再就職先を調べる時間もお金もありませんし、また辞められたらそれまでです。
    また、以前強制執行をする通知を出したときは、実家まで押し掛けて警察を呼ぶような騒ぎを起こして行ったこともあります。
    警察には私が、子供とお金とどっちが大事だと言われ、引っ越しも薦められました。
    悪いのは私ですか?
    裁判所が決めた子供の当然の権利を行使するのは強欲ですか?
    海外では国が養育費を片親から徴収してくれるところもあると聞きます。
    日本もそうして貰いたいのにどこへ訴え出たらいいのかもわかりません。
    頑張って子供を育ててるシングルマザーが責められ強欲呼ばわりされ、もう一人いるはずの親は何も無かったように生きて行ける現状に納得がいきません。
    みっともない話ですが、誰かに聞いて頂きたくてコメントしました。

  2. 黒川祥子 黒川祥子 より:

    こんばんは。
    ご連絡をいただきながら、返信が遅くなって本当にすみませんでした。
    小さいお子さんを2人、抱えて、どんなに大変かと思います。

    養育費の問題ですが、本当にふざけています。
    この国の養育費支払い率は、なんと20%!
    なのに、国は取り立てに有効な制度を一つも作らない。
    アメリカでは養育費を払わない父親は社会的制裁の対象で、
    きっちりと取り立て制度もあります。
    韓国では2015年に、養育費を国が立て替える制度ができました。
    本当にこの国のひとり親政策がひどすぎるばかりか、
    あまりに養育費を支払わない父親に寛容すぎます。
    だから怒りの感情は最もですし、色々な手段を講じるのは当然です。
    でも、打つ手がないというのが現状でもあって……。

    でも元夫は面倒くさそうな人ですね。卑怯です。
    でも、養育費支払いを要求するのは当たり前のこと。
    警察の言うことなんか、聞かなくていいです。でも心配なのは、
    DVとかなかったですか?
    そういう男だと、面倒くさいことになる可能性もありますが。
    苦労して子どもを育てている母親だけに、
    なぜにこれほど、しんどい状況を押し付けるのか、
    本当に、この国はひどいとしか言えません。
    うちも最初は払っていましたが、
    途中で逃げられました。
    息子が大学の学費に困って電話しても、スルー。
    養育費未払い分450万の請求を、2年前にしました。
    もう成人していたので、私に訴追の権利がなく、
    なので相手の良心に訴える、内容証明でしたがスルーのままです。

    大丈夫ですか?
    もし生活が大変なようでしたら、
    地域にある、生活困窮者自立支援法関係のNPOなどに、
    相談する手もアリかと思います。
    とにかく一人で抱え込まないでください。
    鬱憤なら、私はたっぷり聞きますから。

    黒川祥子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)